ナワッショ
c0235245_21245166.jpg

区長さん家の田んぼ。
種まきをしたようです。苗代が作ってありました。
このあたりでは、「ナワッショ」とよばれています。

苗は、田植えができる位に成長するまで、ビニールの中で育成されます。
大体は、大きなビニールハウスの中で育苗されているので、
最近では苗代のある田んぼが珍しくなってきました。

芽が出るのを確認したら、田んぼに水を満たします。
種まきから約10日ほど。
下から水を吸い上げるので、苗箱の土を崩さずに、
自然に苗が水を吸い上げる仕組みです。

区長さん家の田んぼは、棚田です。
棚田はこのあたりでは、「ダンダンタ(段々田)」と言います。
いつも、畦がきれいに管理されているマデな田んぼです。
田んぼに対する区長さんの姿勢を感じます。

僕の住む地区の入口にある区長さんの田んぼ、
今年も観るのが楽しみです。

c0235245_22581259.jpg

苗代のある田んぼの前を流れる水路。
田んぼの形に沿って、クネクネとしています。
あちこちの田んぼに立ち寄りながら、水が流れてくる優秀な水路です。
水生の生き物はもちろん、イトトンボやゲンジボタルも
この水路のクネクネのお陰で出てくるらしい。

いいぞ。
by keitoratourism | 2012-04-14 23:20 | 世間遺産
<< 潜り橋 長屋門にまつわるetc. >>